【制御盤製造のDXの壁とその解決策3】部品指定の壁 顧客とCADデータ連携

制御盤の設計・製造工程をデジタル技術を使って効率化し、制御盤関連各社の体質強化を実現する「制御盤DX」。しかしそこに至るまではいくつもの壁・ハードルが存在する。日本電機工業会(JEMA)制御盤2030ワーキンググループは、制御盤の制作工程の将来の形として「制御盤2030」を提示し、さらに制御盤DXを阻む壁とそれに対する推進策を「制御盤製造業界向けDXガイドライン」としてまとめている。本記事では、同ガイドラインをもとに、制御盤DX実現に立ちはだかる壁とその解決策を紹介する。

3回目は「部品および回路の指定」の壁。顧客が発注する際、古い図面が更新・改版されておらず、当時の部品をそのままに部品指定をしてくることがある。部品が現行品と変わっておらず、調達も容易であれば問題ないが、生産中止・絶版だったり、現在のような部品不足で納期が長い場合には、制御盤メーカーには部品在庫を多く抱えたり、部品の納品待ちで生産が滞るといったリスクが生じる。また代替品を使う際には性能・動作保証をする必要があり、顧客への変更確認に大きな手間がかかるといった非効率が発生している。

こうした問題や手間をなくし、顧客が適切な部品と回路を指定できるようにするためにはどうすれば良いのか。その解決策は、①制御盤メーカーが更新したCADデータを顧客へフィードバックする、②顧客が新しい仕様に適合するように、機器メーカーと制御盤メーカーが連携して新しい部品を提案する、③機器メーカーの電子カタログとCADツールが連携し、生産中止決定済みの製品の回避や推奨代替品の利用など適切な部品選定を容易にするというステップを踏むことが肝要。

第一に紙図面からCADデータを基本とすることで顧客と制御盤メーカー間のコミュニケーションを円滑にし、続いて御盤メーカーは顧客から発注をただ待つのではなく、機器メーカーと連携して積極的な新しい仕様の提案をすることで、生産中止品やリードタイムが長い部品を使うリスクを避け、同時に制御盤の性能も上げていく。

さらに将来的には、CADデータと機器メーカーのカタログの部品データが連携し、CADのなかで適切な部品選択が可能な仕組みにしていくことで部品指定の際に起こりがちな問題を防ぐことができる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG