2022年1-3月産業用ロボット統計 受注額、生産額が四半期の過去最高を記録【FA・自動化市況】

受注額2567億円、生産額2162億円

日本ロボット工業会によると、2022年1-3月期の産業用ロボットの受注・生産・出荷実績(会員ベース)は、受注額が前年同期比4.3%増、生産額が4.2%増となり、受注額、生産額がいずれも四半期の数値として過去最高を記録した。コロナ禍で多くの産業が厳しい局面に直面しているが、産業用ロボット業界においては省人化・無人化・自動化・遠隔化などの要求が追い風となり、生産性向上やDX需要とかけ合わされて勢いを増している。

受注台数は5.9%増の7万772台で6四半期連続の増加、受注額は4.3%増の2567億円で2020年第2四半期から7四半期連続の増加。四半期での受注額は、2021年第2四半期を超えて過去最高を更新した。

生産台数は7.0%増の6万3189台、生産額は4.2%増の2162億円。いずれも2021年第3四半期から6四半期連続の増加。四半期での生産額は、2021年第4四半期を超えて過去最高となった。

総出荷台数は5.3%増の6万3886台、総出荷額は2.6%増の2199億円。これも両方とも2021年第3四半期から6四半期連続の増加。
国内出荷台数は13.8%増の1万1580台、総出荷額は8.9%増の548億円。いずれも2021年第2四半期から四半期連続の増加。輸出台数は3.6%増の5万2406台、輸出額は0.7%増の1651億円。2020年第3四半期から6四半期連続の増加となった。国内と輸出の割合は、国内25%に対し、輸出75%。国内向けは自動車製造業向けの出荷額が4四半期ぶりに減少に転じるなど弱さが続くが、半導体用などの好調さが継続して全体として回復傾向。

輸出は、欧米向けが伸長する一方、中国向けが落ち着いて前年から減らしたため、アジア向けがも昨年より減少傾向となった。

https://www.jara.jp/data/press/2022/220428.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG