アルファTKG 板金IoT DXシステム AI、RPAを活用 新ソリューションやCAD登場

アルファTKG(東京都中央区)は、板金業界向けDX製品として、図面管理システム「alfa DOCK」と工程管理システム「alfa ERP」、板金・シートメタルCAD/CAE「alfa CAD」の最新版となるAIとRPAを搭載した第4世代バージョンと、業務効率化システム「RPA Studio」を発売開始した。

図面管理システム「alfa DOCK」は、設計図面や作業指示書、それらに記入された現場からのフィードバックコメントや検査結果、機械段取り書といったバラバラに管理されている各種データや図面、書類等を、RPAで1カ所に集めて、内容を自動で読み取ってデータの紐付けを行って管理し、必要な図面や類似図面をAIですぐに呼び出して入手できるサービス。サーバールームやオフィスに設置する、データストレージとAI、RPAが組み込まれた専用ハードウエア「alfa DOCK AI-Pro」と、現場に設置して図面の呼び出しと見える化、検査結果やメモ、コメント等の記入、個人認証やWEB会議ができる多機能KIOSK端末「NNF-X400」、図面の自動整理から類似品検索、カメラ撮影、PDF自動変換などのソフトウエアがセットになったソリューションとして提供し、図面の保存・管理や過去データの再利用などを通じて、現場でのデータ活用を促進する。

工程管理システム「alfa ERP」は、alfa DOCKのオプションとなり、RPAで生産管理と工程管理、図面管理を自動統合し、作業を分配して効率化することができる。「alfa CAD」は板金・シートメタル専用CAD/CAEで、最新バージョンではAIとRPAを搭載して機能強化を行った。三面図dxfを自動立体化できるオートパイロット機能に加え、3Dデータ閲覧とコメントができるクラウドビューワー、各種機械メーカーのCAMとRPA連携などとが可能となっている。

業務効率化システム「RPA Studio」は、製造業の事務作業を自動化する製造業特化RPA。定型化された単純作業、PC作業のみで完了する作業、繰り返し作業等を自動化して効率を高めることができる。RPA定義から入り、運用サポートまで提供する。

価格について、いずれも5年リース月額価格で、「alfa DOCK」は三点セット利用料12万3000円とクラウド使用料4万円の合計16万3000円、「alfa ERP」は5万円、「alfa CAD」は5万2000円と保守料1万2000円。「RPA Studio」は、要望や仕様に合わせて別途見積もりとなる。

https://a-tkg.com/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG