横河ソリューションサービス 大阪市水道局と共同研究 浄・配水の運転支援

横河ソリューションサービスは、大阪市水道局とともに「シミュレータとAI技術を活用した運転支援、及び人材育成手法に関する共同研究」を2022年2月から開始した。

浄配水施設において、横河のシミュレーションとAIの技術によって得られる違和感検知、運転支援、部分的な自律化の効果の検証と評価を行う。またシミュレータを用いた効果的な人材育成手法の確立を目指す。

大阪市水道局では、事故発生などに対する即応性の向上を目指し、浄配水施設の運転監視を一元化できる集中管理体制の構築に取り組んできた。しかし、集中管理はより高度なスキルが運転員に求められます。そのため、異常の早期検知など運転員への支援がより効果的なシステムの構築、運転員一人ひとりのスキルを早期に高める育成手法の確立が必要になっている。

今回開始した共同研究では、横河のシミュレーション技術と、実際のプロセスデータ、分析データ、原水の解析データ、設備情報などを用いて、デジタルツインと呼ばれる仮想プラントを構築。このデジタルツインと実際のプラントのデータとの比較を行い、シミュレーションの精度を高め、実際のトラブル発生時などに連動して事前にAIによって違和感の検知ができるかを検証。さらに違和感検知後の重要指標の予測や適切な運転指示ができるか、部分的な自律化が可能かを検証していく。また、シミュレータに搭載されているインストラクター機能を用いた効果的な人材育成手法の確立にも取り組む。共同研究を24年3月末まで行う。

https://www.yokogawa.co.jp/about/yjp/

https://www.city.osaka.lg.jp/suido/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG