ジック 傾斜センサ「TMS22/TMM22」コンパクトで頑強な構造

SICK(ジック)の傾斜センサ「TMS22(1軸)/TMM22(2軸)」 は、コスト効率良く高精度の傾斜測定を実現。その基盤となっているのは、測定誤差許容範囲が+-0・25度と優れた繰り返し精度を持つ高性能のMEMS技術で、測定値はアナログ出力できる。 

また、PVシステムのような屋外用途での耐性という最高の要件を満たすために、センサ技術の核となるパーツは一体成型で筐体内に組み込まれており、保護等級IP66/68/69Kに準拠。高温変動などの過酷な環境条件や、ウォータージェットでの高圧洗浄による影響を受けない。

本体は、高さわずか10・4㍉㍍というコンパクトなデザインにより、あらゆる方法で設置することができる。最大の互換性を実現するため、センサは一般的な0~10Vと4~20mAのアナログインタフェースを搭載している。しかも、各要件に合わせてインタフェースをカスタマイズすることも可能。

こうした特徴により、コストに影響する一連のアプリケーションで信頼性の高い傾斜データを統合できる。主な用途として、垂直搬送システムでのトレイの傾き測定、ソーラーセル・太陽光パネルの角度検出など。

さらに、IO-LinkやCANopenなどのデジタルインタフェースを搭載することを計画している。

https://www.sick.com/TMS-TMM22

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG