エプソン 高速・高精度を実現 スカラロボに新製品

エプソンは、産業用スカラロボットの新製品となる高速・高精度の「GX8/GX4」、省スペース・コストパフォーマンス性の「T6-B/T3-B」と、6軸ロボット「C12」を発売開始した。

「GX8/GX4」は、アームに超小型ジャイロセンサを搭載し、動作中に生じるアームの振動を抑え、高速移動でも指定ポイントでピタッと止まる正確な制動能力を搭載。力覚センサシステムにも対応し、高速性が求められる搬送作業に加え、人手に頼っていたねじ締めや押し圧検査などの精度が求められる難作業にも対応可能。振動や制定時間を気にせず、高速稼働が必要なケースでは、ブーストモードによって現行機よりサイクルタイムを20%向上することができる。またバッテリ不要のモータを採用し、バッテリ交換が不要。交換によるダウンタイムや破棄の手間を減らすこともできる。

「T6-B/T3-B」は、コントローラー一体型のコンパクトさと100V電力稼働の省エネ・省電力性を兼ね備え、スペースが限られた場所での単純な箱詰め梱包やバラ積み作業などに最適となっている。

「C12」は、高速・高精度で稼働する「Cシリーズ」の最大可搬質量(負荷)12キログラム、アーム長1400ミリメートルモデルとなる。外装塗装や大型品の組立作業などに適している。

価格は、GX8が156万5000円~、GX4が112万5000円~。T6-Bが89万4000円~、T3-Bが72万円~。C12は277万6000円~となっている。

https://www.epson.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG