電気設備事故情報 共有し再発防ぐ NITEが詳細公表システム開発

どれだけ工場が「安全第一」を掲げて最大限に注意を払っていても、事故ゼロまでの道は長く険しい。「人のふり見て我がふり直せ」事故を減らすには、過去の事故の事例からその発生原因を知り、再発を未然に防ぐことが一番の近道だ。NITE(製品評価技術基盤機構、ナイト)は、電気設備(電気工作物)の事故情報のデータを一元管理し、誰でも検索してみることができる「詳報公表システム」を開発し、1月31日からリリースした。

誰でも検索OK

増加傾向の事故 年間1万5000件超

NITEの調査(「電気保安の現状について 令和元年度電気保安統計の概要」)によると、2010年の1年間の事故件数は1万2677件で、その後も1万2000~3000程度で推移していたが、18年、19年と2年連続で1万5000件を突破。労災発生件数は年々減少傾向にある一方で、電気設備の事故件数は微増を続けている。

事故内容は電気設備の破損(1万1344件)、供給支障(3628件)と圧倒的で、配電線路での事故が大半を占めている。死傷事故は横ばいだが、火事になったケースが19年度は16件発生し、前年の4倍。それ以前から比べても非常に多くなっている。設備の老朽化やベテラン社員の減少などが背景にあり、以前に比べて工場は事故が起こりやすい環境になっている。

詳細な事故情報閲覧・DL可能

電気を供給・使用するために使われている電気事業用・自家用の電気工作物、いわゆる電気設備は、事故を起こした場合、電気事業法電気関係報告規則第3条に基づいて事故情報を報告する義務がある。これが「詳報」と呼ばれるもので、毎年500件以上が国と経済産業省に報告されている。詳報には、事故の発生日時から内容、原因、再発防止策などが細かくまとめられており、国・経産省はそのデータを蓄積し、公開も行っている。

そして今回、NITE電力安全センターは、経済産業省本省や各産業保安監督部と連携し、全国の電気工作物の事故情報(詳報)のデータを一元化して「詳報公表システム」として公開した。

従来は産業保安監督部の管轄地域別に公開されていたのに対し、「詳報公表システム」は全国のデータを一元管理し、事故情報をきめ細かい検索してCSVデータとして抽出でき、ダウンロード等をすることができる。

収録されている内容について、例えば、2020年11月の東北地方での電気火災は、操業中に操作室内動力分電盤から出火し、動力分電盤および電灯分電盤が焼失し、操作室も全焼。原因は動力分電盤に接続されていた低圧ケーブル(1987年製)の被覆が経年劣化し、相間短絡により発火。全職員による目視点検の強化、設備更新頻度の短縮等で再発を防止するとしている。

また関東地方での電気火災は、工場建屋内の製造設備から発火し、設備周辺および屋内設置のキュービクルの一部にも延焼。夜間の空運転中に材料投入部分の異常過熱が原因で出火。再発防止は、終業時の設備点検として異音・過熱等の点検を強化、材料投入部分の分解点検を定期化するなどで対応するとしている。

電気事業者や電気保安管理技術者等が同システムを活用し、自社と似たような設備で過去に発生した事故を調べたり、発生した事故と類似した事例を調べたりすることで、未然防止や再発防止に活用することを狙いとしている。

https://www.nite.go.jp/gcet/tso/shohopub/search

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG