三菱電機が新サービス ロボのビル内移動支援

三菱電機は、1月31日に竣工した名古屋市のアーバンネット名古屋ネクスタビルに、サービスロボットと連携するエレベータと入退室管理システムを納入し、ロボットのビル内自律移動を支援する「ロボット移動支援サービス」を提供する。

スマートシティ・ビルIoTプラットフォーム「Ville-feuille(ヴィルフィーユ)」を活用した「ロボット移動支援サービス」を提供し、サービスロボットのビル内自律移動を実現。ロボットからのリクエストに応じてエレベータの呼び出しや行き先階を登録し、逆にロボットに対して配車号機や扉の開閉情報、エレベータの乗降タイミングを指示することで、警備ロボットのエレベータ乗車やセキュリティーエリアを跨いだ移動を可能とし、ビル管理業務の省人・省力化に貢献する。

また顔認証システムと行き先予報システムを連携し、タッチレスで快適な移動を実現。ウォークスルーでのエレベータ乗車、オフィスフロアへのタッチレスで快適な移動を可能としたほか、行き先階が同じ利用者を同じエレベータへまとめて案内することでエレベータの停止階を削減し、利用者が多い通勤時間帯などでも待ち時間を減らし、効率的な輸送を実現している。

https://www.mitsubishielectric.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG