向殿安全賞受賞者 4社4人が表彰向殿安全賞

機械安全への貢献者を表彰する「第7回向殿安全賞」(主管=セーフティグローバル推進機構、IGSAP)の受賞者として、団体(企業)の部4社と個人の部4人が決まり、1月28日に表彰式が行われた。

受賞は、団体(企業)の部『功績賞』として、本田技研工業四輪事業本部生産統括部が受賞表題「生まれの良い安全な機械設備導入を目指して」、旭化成延岡支社が「延岡支社における既設設備の機械安全対策推進と人財育成」、藤興業が「伐採作業における補助装置の開発・普及による労働災害防止の推進」、日本製鋼所広島製作所が「国際安全規格に基づく射出成形機の安全化推進に貢献、および若手技術者の安全知識の育成に尽力」で選ばれた。

また、個人の部『功労賞』として、マンフリード・ショッホBMWグループ従業員代表委員会会長が「世界的企業の幹部として従業員の安全衛生向上に永年尽力すると共に、国際社会保障協会(ISSA)でのISSA促進に貢献」、スティーブン・マーギスULコンフォーマティ・アセスメント・プログラム担当ディレクターが「将来の新たな安全認証制度構築に向けた国際的な基盤づくりへの貢献」、河合満トヨタ自動車エグゼクティブフェローが「『モノづくりは人づくり』をモットーに、現場の安全化、製造業の安全文化醸成に貢献」、エリック・フックスIEC/SC121A/WG3(低電圧開閉器)議長で、ロックウェル・オートメーションコーポレート・ディベロップメント担当シニア・バイス・プレジデントが「制御装置の国際標準化活動を通じた機械安全の世界的普及に貢献」で選ばれた。IGSAP向殿政男会長から表彰状と記念品が授与された。

https://institute-gsafety.com/

https://www.honda.co.jp/

https://www.asahi-kasei.com/jp/

https://www.fjk-akita.jp/

https://www.jsw.co.jp/ja/index.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG