横河電機 統合生産制御システム セキュリティ、安全性強化 最新の国際標準規格に対応

横河電機は、統合生産制御システム「CENTUM VP(センタム・ブイピー)」が、セキュリティに関する国際認証推進組織ISCIのISASecure CSA Level 1認証を取得した。これにより、CENTUM VP、および安全計装システムProSafe-RS(プロセーフアールエス)の両方が、セキュリティの最新の国際標準規格に対応した。

また、防爆規格と船級規格を満たすProSafe-RS Lite、およびこれに対応する統合機器管理ソフトウエアパッケージPRM(ピーアールエム)の最新版を開発した。

ISASecure CSAは、制御機器のセキュリティに関する国際標準規IEC62443-4-1、およびIEC62443-4-2に準拠した認証CENTUM VPでの認証取得では、プラント制御を行うフィールド・コントロール・ステーション内部のプログラムやデータベースの完全性を定期的に診断するCRC(巡回冗長検査)機能を実装。異常を検出した場合はシステムアラームを発報する。

また、CENTUM VP R6.09へのアップデートにより、操作監視機能であるヒューマン・インターフェース・ステーションから統合情報サーバの画面の呼び出しが可能になり、設備や装置の運転状況などの操業データをリアルタイムで取得することができる。

さらに安全性を強化するため、最新ProSafe-RS R4.07 の開発により、SIL2の安全計装システムProSafe-RS Liteが、防爆規格(ATEX/IECEx/ECAS-Ex)、および船級規格に対応した。これにより、爆発の可能性のあるエリアやLNG船などの船上にも導入が可能になり、既に両規格を取得済みのSIL3のProSafe-RSと用途によって使い分けることで、最適なコストでのプラントの安全計装が可能になる。なお、ProSafe-RS Liteに接続されている機器に対応可能な最新の統合機器管理ソフトウエアパッケージPRM R4.05も開発した。

https://www.yokogawa.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG