【FA製造業2022トップインタビュー】強みに磨きをかけ成長 サンワテクノス 田中 裕之 代表取締役社長

第10次中期経営計画「NEXT 1800」の最終年度である2022年3月期は、現状では売上高が前期比10.3%増の1487億円、経常利益が同69.0%増の43億4000万円を予想している。20年後半から立ち上がった景気は21年に入っても継続し、当社の受注も昨年3月以降6月まで、毎月過去の実績を更新する状態が続いた。販売する製品が入らない中で受注残が増加しているが、上期は何とか仕入れすることができ、売り上げにつなげることができた。ただ、下期以降は本当に製品が入りづらくなってきている。

現在、グレートリカバリー(大回復)に向けた新たな挑戦を行っている。FA業界はコロナ禍であっても、自動化、ロボティクス化、5Gなどによる省人・省力化ニーズに応える大きな需要がある。当社も約2年間のリモートワーク経験でその利便性と、リアル面談の重要性も認識できたことから、今後はWithコロナの新しい時代に向けた市場開拓に取り組む。

今年はSCM(サプライチェーン)の混乱は落ち着くだろうが、根本的にやるべきことがあり、そこに磨きをかけていく。当社のグローバルSCM機能は、コロナ禍のロックダウンや米中の貿易戦争の中でも強みを発揮し、お客様から喜ばれている。商社の役割である物流と在庫機能を、DX時代に対応したきめ細かな管理で構築していきたい。

1年前に開設した東京テクニカルセンターは、昨年はコロナで活用が制約されたが、ソリュ-ション営業のヒントを提供する拠点として今年は利用を推進していく。国内のスマート営業所も、昨年は甲府、金沢、北九州に開設したが、今年は盛岡も検討している。

22年4月から3カ年の新しい中期計画をスタートさせるが、25年度までの経営構想「サンワビジョン2025」に基づき、25年から30年までを含めた長期的視点で考えていきたい。

https://www.sunwa.co.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG