【FA製造業2022トップインタビュー】「徳道思想」で社員の成長を サンセイテクノス 浦野 俊明 代表取締役社長

2022年3月期の上期売り上げは、前年同期比120.1%の122.3億円、経常利益は同112.5%の10.6億円となっている。21年11、12月も売り上げをキープできており、このままの状況で行けば通期の売り上げは240億円が達成できると思う。しかし、国内外のコロナの動向、製品の調達難などを懸念し、投資を控えようという話も出始めている。

品不足の影響が拡大する中で当社は、20年11月に中部物流センター(愛知県小牧市)を開設し、南大阪物流センター(大阪府堺市)との2拠点体制にしていたことで、SCM(サプライチェーン)対応がタイミングよくできた。以前から流通在庫の管理は細かな調整をしながら強化してきている。昨年も南大阪物流センターから中部物流センターへストック置き場を移管し、余裕のできた南大阪物流センターではレイアウト変更により、在庫保有能力を約1.5倍に増強した。また、コンベアによる自動仕分けシステムの導入などにより、作業効率を飛躍的に向上させている。

現在の品不足の局面に対し、数十年単位で積み上げてきた当社の在庫管理への取り組みが、お客様からの問い合わせの増加に繋がっている。当社が、市場への安定供給と言うSCM全体の中でのBCP機能を果たせるよう、今後もプライドを持って物流力を磨いていきたい。

長期の経営テーマに「顧客感動」を掲げているが、その実現に向けたサブテーマに今年は「徳道思想」で取り組む。コロナで心理的に疲弊しネガティブになりがちであるが、昨年の「徳目追求」を深化させ、「徳」が会社を構成する社員一人ひとりの本当の意味で血肉となる領域に踏み込もうというもの。

21年に初めて取得した「健康経営優良法人」の認定を22年も取得し、社員の健康的に働く環境づくりを継続的に進めていく。

https://www.sanseitechnos.co.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG