日本ロボット工業会 創立50周年 10月にシンポジウム、記念式典

日本ロボット工業会は、2022年10月に創立50周年を迎える。22年から23年にかけて「ロボティクスがもたらす持続可能な社会」をテーマにさまざまな記念事業を開催していく。第1弾として、3月の「2022国際ロボット展」と6月の「JISSO PROTEC 2022(第23回実装プロセステクノロジー展)」で記念パネル展を実施。工業会の歴史、ロボット技術の変遷、ロボット産業の変遷などロボット業界の半世紀のあゆみを振り返る内容を予定している。

10月には、13・14日に東京ビッグサイトで記念シンポジウムを開催する。今後のロボットのあるべき姿を多面的に捉え、有識者も交えて科学、市場、文化、法律などについて語る内容を計画している。13日には50周年記念式典と祝賀会を開催。ロボット業界の発展に貢献した人への表彰も行う予定となっている。

また同時期に、これから30年後に向けた「ロボット産業ビジョン2050」を策定して公表する。「ロボティクスがもたらす持続可能な社会」をテーマに、日本ロボット工業会として今後のロボット産業の目指すべき姿を提示し、広く社会と共有することで、各産業のイノベーションを促進する一助となることを目指す。

https://www.jara.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG