オムロン、現場DX加速 人を超える自動化 人と機械の高度協調

2022年からのものづくり革新コンセプト「i-Automation!-Next」発表

オムロンは、2016年から進めてきたイノベーションでモノづくり現場の課題を解決する独自コンセプト「i-Automation!」について、次の5年間の方向性として、その進化系となる「i-Automation!-Next(アイオートメーションネクスト)」を発表した。

i-Automation!-Nextでは、i-Automation!の「integrated(制御進化)」「intelligent(知能化)」「interactive(人と機械の新しい協調)」の3つのiの技術で現場を高度化してきたものを土台に、脱炭素やSDGs、地球環境との共存、人の働きがいなど、より多様化・複雑化している現代の課題に対する解決に向け、よりワンランク上の制御・自動化技術を開発・提案していく。具体的には「人を超える自動化」「人と機械の高度協調」「デジタルエンジニアリング」の3つのコンセプトを掲げている。

「人を超える自働化」では、高速・高精度の制御アプリケーション技術にIoT、AIそしてロボティックス技術を加えて、人に頼っていた作業も機械に任せ、人が安心して創造的な業務に従事できる現場の革新を目指す。また脱炭素やカーボンニュートラルに向けた地球環境に配慮したものづくりへの貢献も視野に入れる。

「人と機械の高度協調」では、人から機械への代替えを進めつつ、それでも残る人が中心の業務に対して人が能力を発揮して働きがいやものづくりの喜びを感じられる現場を目指す。

「デジタルエンジニアリング革新」では、シミュレーションやリモートモニタリングなどの技術を使った現場革新をさらに進め、DXを加速する技術・ソリューションの開発を進める。

i-Automation!の総括としては、230個以上のアプリケーションを創出して現場に実装し、IABとして売上高・営業利益も改善。一定の成果を上げ、次のi-Automation!-Nextにつなげていく。

https://www.fa.omron.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG