島津産機など4者共同研究 MEX方式金属3Dプリンター 部品製造技術確立へ

島津製作所の子会社の島津産機システムズとエス.ラボ、第一セラモ、近畿大学は、材料押出積層法(MEX方式)の金属3Dプリンターによる金属・セラミックス部品の開発手法に向けて共同研究を開始した。

金属3Dプリンターを製造するメーカーの多くは、敷き詰めた金属粉末をレーザで溶かしながら造形する「PBF方式」(粉末床融解結合方式)が主流だが、MEX方式は設備がシンプルで、造形が速く、大きな造形物にも対応でき、試作品だけでなく実部品の製造にも適している。

MEX方式で金属3D造形品を生産できるノウハウを共同研究し、第一セラモの3Dプリンター用コンパウンド材料(ペレット状)を、エス.ラボの金属3Dプリンター「GEM200DG」で造形して、島津産機システムズの小型真空脱脂焼結炉「VHS-CUBE」で焼結する。有機溶剤を用いない部品の開発手法を研究し、「環境に配慮した金属3Dプリンター」の普及を目指す。

https://www.shimadzu.co.jp/

https://www.sis.shimadzu.co.jp/

https://slab.jp/

https://www.dai-ichi-ceramo.co.jp/

https://www.kindai.ac.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG