東芝デジタル 図面と実物 楽々比較 3D CADとMR活用新ソリューション

東芝デジタルソリューションズは、MR技術と3D CADデータを使ってフィジカル空間の実物にバーチャル空間の3Dモデルを重ね合わせて表示する製造現場の3D CADデータ活用ソリューション「Meister MR Link」を発売した。従来、紙図面で行っていた設計と実物の差異や品質の確認作業をMR技術を活用してタブレット上で3Dモデルと実物を簡単に見比べながら行うことが可能になる。

MRの利用には専用の機器や環境整備が必要だったが、同ソリューションは、市販の汎用タブレット端末で、手軽に、すぐに、安くMRを導入できることを目指して開発。既存の3D CADデータをMR用の3Dモデルデータに変換し、手軽に現場に持ち込むことが可能。データ変換ツールとタブレットアプリケーションの2つで構成し、実績登録や付箋など製造業に特化した標準機能を搭載し、市販の汎用タブレット端末で手軽にMR技術を活用できる。

サブスプリクションサービス(月額固定料金)で提供し、少ない初期投資で利用開始できる。

https://www.global.toshiba/jp/company/digitalsolution.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG