【FA製造業界2022トップインタビュー】限界突破で百年企業へ フジコン 大島 右京 代表取締役社長

2021年度は前年度比40%増で推移し、受注も2倍と絶好調だが、受注残が膨れ上がっている。半導体製造装置、5G基地局向けの実需が旺盛だ。

21年度は「限界突破」を標語とし、コロナ禍で激変する中で多くの社員が目覚ましい成果を上げてくれた。例えば開発部門は年間2件の意匠・特許を取得すると宣言したが、上期で達成してしまった。若手社員が瞬結端子台の2枚配線用アタッチメントで特許を取得し、製品化に向けて動いている。ベテラン技術者も4件の意匠を取得し、切磋琢磨して技術力アップにつながっている。

健康経営優良法人制度の「ブライト500」を取得した。取得までの長い苦労の結果が認められ、社内の士気は高まっている。スター経営も、品質管理講座の講師として4人の社員が新たにデビューした。長年培った自らの技術を別の場所で活かし、限界突破をしてくれた。

また創業55周年を迎え、社員全員参加で記念のアート作品を制作した。製造過程で発生した廃棄物を再利用して作成し、無価値なものから価値のある作品に生まれ変わるという素晴らしいストーリーを持つ良い記念作品となった。

学生インターンを実施し、当社のSDGsについての改善点を指摘してもらったところ、15もの改善点を提案してくれた。現在、その学生達を中心にSDGs委員会を立ち上げ、改善実行と社内啓蒙に活躍してくれている。

22年は新規案件の獲得を強化し、好調の持続を目指す。新製品開発を通じて新たな受注獲得につなげ、既存顧客を深掘りして他部門への展開を進める。HPリニューアルによって新規来訪者も増え、そこから新規客の開拓につなげたい。また生産の自動化にも積極的に取り組む予定だ。22年も全員営業と限界突破を継続し、百年企業に向けて邁進していく。

http://www.fujikon.net/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG