【FA製造業界2022トップインタビュー】創立20周年を飛躍の年に オプテックス・エフエー 中島 達也 代表取締役社長

2021年12月期の売り上げは前年比30%超と好調であった。創立20周年記念を迎える22年の売り上げは2桁増を見込み、当所の計画を1年前倒しして売り上げ100億円にチャレンジする。

製品では、IO-Link関連のセンサ、マスタが好評だ。自動車業界はIO-Linkを使い、物流・マテハン装置からもIO-Linkマスタの引き合いがある。センサからのデータを分析するDXの流れは当分続く。22年もIO-Link関連のバージョンアップ、バリエーションの拡大を継続していく。昨年、ミツトヨ様の精密センサと当社の非接触変位センサの相互販売提携締結し販売を開始しており、今後の売り上げに期待している。

22年の新商品は、IO-Link対応高精度レーザー変位センサに加え、グループ会社のシーシーエスとコラボ開発した商品等の発売を予定している。昨年は国内外でオンラインイベントやウェビナーの開催に取り組み、5つのイベント、30講座のウェビナーを実施した。社内にノウハウが溜まり、参加者の満足度も上がっている。営業のやり方も変えてきており、オンラインと対面のハイブリッドを軸にしながら、お客様に近い場所に営業所を設けるような新しい展開も進めている。

売り上げアップには、既存のお客様の満足度向上と並行して、新規のお客様の数を増やす活動を強めていくことが重要と感じている。オプテックスグループのインダストリーオートメーション事業には、当社とシーシーエス、サンリツオートメーション、そして新たにミツテックが属している。4社の製品・サービスのシナジーを活用し売上最大化を実現したい。最後に、当社は健康経営優良法人認定を2年連続で取得したが、今後も社員のワークライフバランスを計りながら事業生産性を向上しホワイト500企業入りを目指したい。

https://www.optex-fa.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG