【FA製造業界2022トップインタビュー】質の向上を継続・強化 サンミューロン 川島 敬介 代表取締役社長

2021年2月に創業70周年を迎えることができた。スイッチ・表示灯の専業メーカーである中小企業の当社が70年も続いているのは、ひとえに当社製品をご愛顧いただいているお客様、販売店の皆様をはじめ、サンミューロンに関わっていただいている皆様のおかげであるとまずはお礼を申し上げたい。また、これまでサンミューロンの歴史を脈々と作ってきてくれた先輩社員や現役社員の働きによってこれまで存続することができているので、この歴史を大事にしつつ新しい取り組みをしながら100年続く企業を目指していきたい。

21年は、10月まで及んだ緊急事態宣言での影響で思うような企業活動ができなかったが、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ20年度から比較すると急速に業績が回復しており、22年3月期の売り上げは二桁増を見込んでいる。昨年4月に新製品のLL形表示灯を発売開始した。当社には今までなかった形状であるライン形の表示灯で、AGVや医療装置メーカーなどからの引き合いをいただいている。現在はラインアップの拡充を検討しており様々なニーズに応えていきたい。世界的な部品や材料不足の影響で当社も材料の入手が困難になり、現在も不安定な状況は続いている。そのような逆境の中、社員の頑張りのおかげで納期遅延などの波及を21年はなんとか最小限で抑えることができた。

20年から強化を始めた社員教育は経験豊富な講師を多数迎え、論理的思考を司る左脳だけでなく、五感に影響する右脳を鍛えるなど多方面から新たな気づきを得ている。現在は一部のメンバーで行っているが、これを全社的に広げていきたいと考えている。

22年は品質の強化や人材育成などこれまでの取り組みをさらに継続・強化していく。サプライチェーンが不安定であったり、原材料費の高騰など向かい風は大きいが、地道な活動を継続することで小さい結果を集めて大きな塊として、社員が「希望と誇りを持てる会社」にしていきたい。

http://www.sunmulon.co.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG