【FA製造業界2022トップインタビュー】制御×セキュリティの強化 INDUSTRIAL-X SECURITY 八子 知礼 代表取締役社長

2021年は長引く新型コロナ感染症の影響もあり、社会のあらゆる領域でリモート化ニーズが高まった。製造業もその例外ではなく、「人による直接操作」が主体であった工場自体のオペレーションに対しても、人材不足も相まってリモート化ニーズの高まりをあらゆるところで感じた1年であった。22年はさらにこの傾向は加速すると確信している。

特に工場やプラントでの「遠隔監視」から「遠隔制御」へのチャレンジは、今後も増えるであろう。「監視」にとどまっていては、どうしても「人」が直接現場に介在する必要があるが、「制御」にまで領域が広がるとその制約は取り払われ、工場やプラントに及ぼすインパクトは絶大になる。もちろん全てAIに任せて無人化するべきとは思わないが、その「制御」にまで踏み込む企業が、そのメリットを確実に感じはじめており、これからさらに増加するのは明白である。

「制御」の領域までリモート化されると、「セキュリティの強化」はさらに重要度を増す。「監視」だけであれば万が一データが盗まれても、実際の現場に影響が及ぼされるケースは殆どないが、「制御」の領域がハッキングされると、内容によっては大事故にさえつながりかねない。これらの実情を踏まえた制御セキュリティの強化は、「ものづくり」においては必須のものとなりつつある。事実、サイバー攻撃により巨大石油パイプラインが一時的に操業停止に追い込まれたり、国内でも大手完成車メーカーが工場停止に追い込まれていたりする。

そうならないためにも、工場内・プラント内のネットワークの見直しは急ぐべきである。当社もTeam Cross FA幹事会社の一員として、「セキュリティ」の重要性を啓発すると共に、想いを同じくする顧客、パートナーとこの歩みを加速させていきたい。

https://industrial-xs.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG