【FA製造業界2022トップインタビュー】DXと脱炭素を強力支援 ロックウェル オートメーション ジャパン 矢田 智巳 代表取締役社長

2021年9月期のグローバル売上高は、前年度比11%増の7697億円、純利益は同31%増の1479億円となった。国内も、米国の自動車産業が再成長して事業好調だったことに加え、ソフトウェア事業で大型案件の受注で事業は順調だ。ARや工程シミュレーションも今では「業務に使える」という反応に変わり、展開がうまく進んでいる。また安全・セーフティは、当社のグローバル基準の安全が日本でも高く評価され、事業を後押ししてくれている。

21年はソフトウェア事業を推進し、製薬メーカーと自動車関連メーカーにMESを中心としたソフトウェア群が採用された。また近くグローバルの化粧品メーカーでも採用される見通しだ。最近はお客様のDX、特にカーボンニュートラル対策へのAI適用に対する関心が非常に高く、MESを拡張して直行率改善で工場内の電力消費量を抑制する提案が好評だ。実際に納入するのはハードウェアも含めたシステムソリューションであり、当社の総合提案力が生きている。

MES導入は費用、時間面でハードルが高いが、このたびクラウドベースの製造ERP「Plex」を買収し、比較的安価、短期間(数カ月で稼働のケースもある)で稼働するシステムを提供できるようになった。ERP、MES、需要予測、工程スケジューラーなど工場のデジタル化に必要な機能がはじめから相互連携している。すでに米国で日系自動車メーカーの日系サプライヤーが利用している実績がある。日本語化を進めて国内展開を進める。

22年は、新たなビジネスとしてのソフトウェア事業も順調に立ち上がり、見通しは明るい。DXに必要な先進の製品、サービスが揃い、米国やグローバルでの実績もあるといった強みを生かし、日本企業の課題を解決し、二桁成長を目指す。

https://www.rockwellautomation.com/ja-jp.html


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG