【FA製造業界2022トップインタビュー】顧客目線での取り組み強化 不二電機工業 八木 達史 代表取締役社長

2021年の受注状況は持ち直しの傾向にあるが、当社の対象市場はインフラ需要のため回復がワンテンポ遅れ、市場ごとにも差が出る。電力関係は底堅く微増を維持。鉄道関係は変電所投資や機器の延命により保守メンテンス投資が先送りされる傾向にあり、車両生産計画もコロナで変更が出始めている。海外市場もコロナで20年同様に動きが鈍い。逆に良かったのは産業機械向けで、標準品の端子台などが想定以上に売り上げが伸びた。

21年2月から中期経営計画をスタートしている。技術部と営業部に横串を刺した「企画開発CFT(クロスファンクショナルチーム)」を設け、VOC(ボイス・オブ・カスタマー)の視線で、省力化につながるネタ開発に取り組んでいる。「長く使ってもらえる製品を提供する」という当社の特徴を維持しながら、PLM(製品ライフサイクル管理)をしっかり行い進めていく。また、「 M3(エムキューブ)エンジニアリング部」は、21年2月から当社の生産技術を紹介する動画を9本作成し、Webで公開している。外部への浸透には時間がかかるが、当社の特徴を紹介しながら成果につなげたい。さらに、お客様が求める商品を販売する「スマートソリューション部」も、安全機器など扱い製品群を増やしている。

省力化と作業性向上に貢献するアルミ製端子台の採用も増えつつある。

生産のデジタル化推進の一環として、21年春から物流倉庫での出庫業務をペーパーレス化し、ハンディターミナルでリアルタイム管理できるようにしたことで、作業効率を10%以上削減できた。営業事務へのRPA導入も21年夏から取り組み、成果を上げつつある。

今年の市場環境は大きく急転することはないとみている。今後、人手不足が予想されるなかで、社内のコスト構造を見直しながら、働きがいのある職場環境の整備を進めていきたい。

https://www.fujidk.co.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG