【FA製造業界2022トップインタビュー】持続可能な未来をつくる アズビル 北條 良光 取締役兼執行役員常務アドバンスオートメーションカンパニー社長

「持続可能な社会」に向けて、我々を取り巻く環境では、気候変動・脱炭素への対応から社会構造や価値観の変化、ウイルス共生時代における安全・安心の確保に至るまで、様々な社会課題やお客様の課題が生まれている。こうした大きな変化に対応し、解決策を提供できるオートメーションの価値は益々向上しており、需要の増加が期待される。

制御機器事業を取り巻く環境は、新型コロナウイルスによる一時的な活動制限や部品不足の影響はあるものの、総じてコロナ危機による落ち込みから回復を続けており、5Gや人手不足を背景とした合理化・省力化・IoT化のニーズは依然として旺盛である。

当社は「人を中心としたオートメーション」の理念の元、当社ならではのソリューションを展開。今年の「IIFES2022」では、「アズビルとともに“体験を”。デジタル技術でつなぐ持続可能な未来」を掲げ、カーボンンニュートラルに向けた「エネルギーマネジメント」、IoTやAI・新たなセンシング技術を活用した「超スマート工場」など、SDGsに直結する新しい価値創造の仕組みを紹介。昨年発売開始した「デジタルマスフローコントローラ形F4Q」は、自社開発の微小熱式流量センサ搭載により、0.3secの高速制御性を実現した気体用の流量コントローラで、ひとめで制御状態がわかる大型LEDと液晶表示器を搭載し、広い流量域で精度を向上、多様な機能で流量制御の課題に対応。

また、工場/建物のプロセス・設備・製品品質・排水や大気などのBigDATAを常時オンラインでモニタリングし、異常予兆を検知するオンライン異常予兆検知システム「BiG EYES」は、プロセス産業だけでなく多岐にわたる製造業、ならびに社会インフラ関連でのご採用をいただき効果を上げている。今後も持続可能な未来へ向けた新たなオートメーションの創造を通じ、新しい価値をお客様に提供していきたい。

https://www.azbil.com/jp/corporate/company/office/aac.html


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG