【FA製造業界2022】重要度増す安全・安心製品 キャビネット工業会 加藤会長[年頭所感]

新年明けましておめでとうございます。

旧年中はキャビネット工業会に格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

おかげさまで当工業会は昨年の10月で21年目を迎えることができ、関係業界ならびに団体の皆様方の温かいご支援とご理解の賜物と深く感謝しております。

昨年は、長期化するコロナ禍の行動制限による生活面や経済活動への影響はありましたが、延期されたオリンピック・パラリンピックは開催の運びとなりました。国内ではワクチン接種の普及がすすみ、第6波のオミクロン株の世界的流行はみられるものの比較的穏やかな状況で推移しております。

ニューノーマルが進行するなかで5G、DXによる産業構造の転換や生産性向上への投資は拡大し、公共事業においても異常気象に伴う防災・減災の国土強靭化計画やSDGsの取り組みは一段と加速しています。関連する電気・通信関連設備の収納キャビネットでは保護性能や機械的強度など、基準をクリヤした安全・安心な製品の提供が一層求められるようになり、試験検証や標準化は重要度を増しております。

こうしたなかで昨年当工業会は、対面を避けたWEB会議を積極的に展開し、鋼板及び樹脂製キャビネットの規格(CA100、200)ならびに施工上の注意事項をまとめた技術資料CA-G09の改定版が完成し、資料を公開いたしました。更に11月にはホームページのQ&Aや技術資料など、関連情報をより活用いただけるようにリニューアルを実施いたしました。また、今後必要とされる要望を見据え、グローバルな視点のもとに関連する団体との意見交流を定例化し、新たな試験検証や技術基準の構築に向けた活動も開始しました。

本年は、キャビネット用ハンドル(CA300)規格の改定と用語解説集の新規発行を予定しております。また、6月開催のJECA FAIR2022に出展を予定し、規格や技術資料ならびに活動内容をご紹介いたします。

今後もWEB会議を活用した積極的な取組みをすすめ、社会環境の変化に柔軟に対応した技術情報の提供と多様化する要望の標準化に向け、関連団体との連携を強化して市場の要求に応えてまいります。

本年も感染予防を踏まえ柔軟な対応でご要求に応えてまいりますので、一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

この一年の皆様のご健康とご多幸を祈念し、新年のご挨拶とさせていただきます。

https://www.cabinet-box.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG