日立製作所、MonotaRO物流倉庫向けに搬送ロボットなど倉庫システム受注

日立製作所は、MonotaROが兵庫県川辺郡猪名川町に開設する物流倉庫「猪名川ディストリビューションセンター2期工事向けに、日立インダストリアルプロダクツ製の小型無人搬送ロボット「Racrew(ラックル)」約400台を含む搬送設備、自動倉庫、倉庫制御システムを受注した。

同社は第1期工事向けにも約400台の搬送ロボットを含む搬送設備、自動倉庫およびWCSを受注しており、今回と合わせて同センターでのRacrew稼働台数は800台超、棚数は約1万台となる。

同センターは、2022年4月に稼働開始予定で、延床面積が約13万㎡。MonotaROが運用する物流倉庫の中では最大規模となる。今回の受注によって取扱量が増え、1日あたり出荷能力は合わせて約18万行となる予定。
商品が保管されている棚ごと指定位置まで自動搬送するRacrewを大部分の商品に対して使用し、ピッキング作業の生産性向上に寄与する。またRacrewと専用の垂直搬送機を連係させて、棚が自動で複数のフロア間を移動できる仕組みを開発して構築し、複数のフロアでRacrewを活用した効率的な搬送が可能となる。

また倉庫内の搬送設備全体と自動倉庫をWCSで制御し、作業効率と生産性を向上させる。

https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2021/12/1207.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG