デジタルエッジ 伊藤忠から5拠点 データセンター取得

シンガポール・デジタルエッジホールディングスは、伊藤忠テクノソリューションズから横浜と神戸の5拠点でデータセンターを取得した。投資額は260億円で、同社がこれまで国内で実施した単一案件の投資として最大規模。

これで同社が国内で展開するデータセンター・プラットフォームに、新たに約5000ラック、IT電力18.5MW相当の規模が加わり、国内の事業規模はIT電力相当で約38MWになる。

調査会社によると、東京のコロケーション市場の2021~26年の5年間の年平均成長率は9%で、26年には34億ドルに、大阪は同5年間で21%、26年には11億ドル規模に達するという予測が出ている。

トランスフォーメーション(DX)に注力する日本では、データアナリティクス、ビッグデータ、人工知能(AI)をはじめとする用途やプラットフォームの増加によりデータ流通量が増大しており、神戸や横浜など、大都市である東京や大阪に隣接する主要データセンタークラスタでのコロケーションや新規データセンターの需要を牽引している。

デジタルエッジのプレジデント兼デジタルエッジ・ジャパンの古田敬代表は「当社は首都圏および関西圏の市場ニーズに応えるべく、設立当初から一貫して日本国内のデジタルインフラへの投資に取り組んでいる。新たに取得した拠点を含めて、当社の超高速接続ソリューションである『Cross Link』でつながる日本国内のデータセンターエコシステムの構築と発展をさらに強化していく」とコメントしている。

https://www.digitaledgedc.com/jp

https://www.ctc-g.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG