三菱電機 FAセンサ「MELSENSOR ビジョンセンサVS20/70/80」小型形状に必要機能を一体化

三菱電機のFAセンサ「MELSENSOR ビジョンセンサVS20/70/80」「MELSENSORコードリーダCF26/37」は、同社のFA製品との高い親和性を発揮することで、計測結果をエッジコンピューティング層とシームレスに連携でき、TCOを削減するための分析・解析をスムーズに実現できる。

ビジョンセンサは、必要な機能を全て組み込んだ照明一体型・コンパクトサイズで、CC-Link IEフィールドネットワークBasicやSLMPに対応。また、ノイズや低コントラスト、反射の影響などを受けた読み取りにくい画像でも必要な輪郭を抽出できる「PatMax RedLine」技術の搭載で、対象物の反り、厚みの変動によるフォーカスずれなどの画像でも高速に識別できるため、検査(パターンマッチング、フィルタリング、欠陥検出バーコード読み取りなど)の工数削減に貢献する。

一方、コードリーダはコンパクトサイズで、難読なコードも読み取れ、あらゆる生産現場の品質管理・トレーサビリティーに活用できる。オートチューニング機能で、自動的にフォーカスや照明の調整を行い。最適なセットアップを実現。

https://www.MitsubishiElectric.co.jp/fa/

CALEXテクノロジー放射温度計

ロックウェルオートメーション

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る