エニイワイヤ AnyWireASLINKシステム接続用リモート 入力ユニット「IO-LinkマスタLinker」 ネットワークの活用拡大

エニイワイヤは、IO-Linkセンサを独自ネットワークであるAnyWireASLINK(エニイワイヤアズリンク)システムに接続させるリモート入力ユニット「IO-LinkマスタLinker(リンカ)」を、2022年度春の発売を目指し開発中である。

IO-Linkセンサは、制御システムとの間で各種データ交換を双方向で行える点だけを見ると、AnyWireASLINKと部分的に競合の位置付けになる。しかしながら、同社の得意とする超小型I/Oターミナルのバリエーションとして、2点のIO-Linkセンサを接続できるIO-Linkマスタをラインアップすることで、少点数多分散省配線として既に市場で一定の評価を得ている「AnyWireASLINK」のネットワーク上に、IO-Linkセンサを分散配置させることが可能になる。

IO-Linkとの共存により、二者択一ではない新たな選択肢を提案できるようになることは、市場に対する大きな訴求ポイントとなると同社は見ている。

また、CC-Link IE TSNなど、最新のオープンネットワークに対応できるブリッジの開発にも力を入れており、「IO-LinkマスタLinker」の市場投入により、「死角のないセンサネットワーク」としての立ち位置獲得を目指す。

https://www.anywire.jp

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG