大崎電気とスパイダープラス、ビルの脱炭素化とDX推進の新サービスを共同開発

大崎電気工業とスパイダープラスは、ビルの省エネなど脱炭素化の推進と、ビル管理現場におけるDX推進を組み合わせた新サービスの共同開発を進める。

建設業界向けにスマートロックを組み合わせたサービス、メンテナンス市場におけるDX推進・脱炭素化などへのデータ利活用支援サービスなどを予定している。

https://www.osaki.co.jp/ja/index.html

https://spider-plus.com/

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る