ロックウェルオートメーション

本多通信工業 売上高が29%増 利益も大幅改善

本多通信工業の2022年3月期第2四半期連結決算は、売上高86億6600万円(対前年同期比29.1%増)、営業利益2億2800万円(前年同期2億2800万円の損失)、経常利益1億9500万円(同9500万円の損失)、四半期純利益1億5000万円(同6500万円の損失)となった。

分野別売上高は、通信14億1100万円、FA23億7600万円、車載25億3900万円、民生9億3000万円、情報システムが14億1000万円。22年3月期は、売上高165億円(同10.5%増)、営業利益5億円(同7400万円の損失)、経常利益4億5000万円(同206.1%増)、当期純利益3億2000万円(同326.7%増)を予想。

https://www.htk-jp.com/

関連記事

CALEXテクノロジー放射温度計

ロックウェルオートメーション

ページ上部へ戻る