「安心安全」はビジネスの源泉となる大きな価値

若い頃、飛行機が苦手だった。鉄の塊が空を飛ぶということが、頭では理解しても心から納得はできず、離陸と着陸の時、いつも心のなかで無事を祈っていた。苦手を払拭できたのは、飛行機の事故発生率を知ってからだ。自動車の交通事故よりも発生率は低いと知り、そこからは不安感や恐怖心が薄れ、安心して乗れるようになった。今ではすっかり飛行機が好きになり、旅の楽しさは倍増した。

恐怖で動けなくなるさまを評して「蛇ににらまれた蛙」という。最新の研究結果で、蛙は恐怖で動けないのではなく、蛇の出方をうかがっているのだという説も出てきているが、総じて人を含めた生物は大きな不安や恐怖に直面すると身体が硬直して動けなくなる。これは生物に刷り込まれた本能だ。

不安と恐怖は人の心を折り、行動を封じる。歴史上の独裁者たちはそれを悪用して国を支配した。しかし裏を返せば、それらを減らし、安心や安全を高めれば人は動く。もともと好奇心が旺盛で、勝手に動いてしまうのが人のサガなのだ。人やモノが動くことでビジネスが生まれる 。

最近はテレビや新聞、WEBを見ていると、不安と恐怖を煽る風潮が蔓延している。製造業関連で見ても「人手不足でいずれ労働力がなくなる」「日本企業のDXは遅れている。早くやらないと世界に取り残される」「海外製品に押されている」などの記事をよく見かける。不安を煽って製品を売り込むのはよくある話だが、そうしたその場しのぎのビジネスが行き着く先はマイナスにしかならない。

結果として地力はつかず、クリエイティブやイノベーションといったこれからに必要な競争力の創出は期待できなくなる。不安や恐怖を煽ること、それに反応することはもうやめよう。安心安全の構築に力を注ぎ、未来に向かって思考する。クリエイティブやイノベーションはそこから生まれる。安心や安全は金にならないと言う人もいるが、それは間違っている。安心や安全だからビジネスが動くのだ。安心安全は価値である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG