Opensignal「日本の5G体感レポート」ソフトバンクが最高得点

英・Opensignalは、2021年6月1日から8月29日までの90日間、5Gユーザーの情報をもとに分析し、日本の5G体感レポートをまとめた。

5G接続で最高得点を獲得し、マルチプレイヤー・モバイル・ゲーム・エクスペリエンスを享受したのがソフトバンク。100ポイント中89.8のスコアだった。5Gゲーム・エクスペリエンス・アワードに加え、5G音声アプリ・エクスペリエンス、5Gビデオ・エクスペリエンスも獲得した。2位はau(80.9)と楽天(82.1)で、どちらも「良い」カテゴリーとなった。

NTTドコモは、5G到達率と5G利用率の両アワードを受賞し、5Gサービスへの接続が最も簡単だと評価された。

日本の全4キャリアのダウンロード・スピード・エクスペリエンス・スコアを比較すると、5Gダウンロード・スピードは高速の評価。ダウンロード・スピードの総合的エクスペリエンスは24Mbpsから52.4Mbpsだが、5Gダウンロード・スピードのスコアはすべて100Mbps以上で、139.6Mbps(ソフトバンク)、151.1Mbps(au)、161.4Mbps(NTTドコモ)、224.3Mbps(楽天)で「驚異的な速度」としている。

今後の進化により5G速度は向上していくとしている。

https://www.opensignal.com/japan

https://www.softbank.jp/

https://www.nttdocomo.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG