セーラー万年筆、広島県呉市の広島工場内に新工場 2022年7月完成予定

セーラー万年筆は、広島県呉市の広島工場(広島県呉市天応西条二丁目 1-63)内に、万年筆と万年筆用インクの新工場を建設する。現在、敷地内に分散している17棟のうち12棟を集約し、万年筆とインクの増産と、工場内の人モノの移動効率化等で生産性向上を図る。
鉄骨造2階建で延べ床面積は4800㎡。投資額は約16億8000万円。

https://sailor.co.jp/wp-content/uploads/ir/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%B7%A5%E5%A0%B4%E8%B5%B7%E5%B7%A5%E5%BC%8F%EF%BC%88%E5%9C%B0%E9%8E%AE%E7%A5%AD%EF%BC%89%E6%8C%99%E8%A1%8C.pdf

↓↓以下はセーラー万年筆発表資料から↓↓

広島工場の新棟 起工式(地鎮祭)を挙行のご案内

セーラー万年筆株式会社(本店:広島県呉市天応西条二丁目 1-63、代表取締役:比佐泰)は、広島工場敷地内に新工場棟建設の着工にむけて、10 月 8 日(金)に起工式(地鎮祭)を執り行います。

現在、万年筆等の筆記具製造拠点である広島工場の工場棟については、竣工から 70 年以上経過した建物もあり老朽化が進んでおります。敷地内に分散している 17 棟のうち、12 棟を集約した新たな工場棟を 2022 年7月完成予定で着工します。

当社の強みであり、販売好調を続けている万年筆および万年筆インクの増産・工場内のモノと人の移動効率化、作業環境の向上を図り製造能力の増強を目指します。一方、企画・開発部門を強化して、新製品開発のスピードアップを図ります。

また、2018 年 7 月の西日本豪雨では広範囲に土砂が流入したため、かさ上げもおこない自然災害リスクの低減し生産性向上を追求した工場を目指します。

新棟概要

1. 所在地 :広島県呉市天応西条二丁目 1-63(現広島工場敷地内)
2. 投資額 :約 16 億 8 千万円
3. 建屋 :延べ床面積 約 4,800 ㎡ 鉄骨造地上 2 階建て
4. 生産品目:万年筆等の筆記具
5. 竣工予定時期:2022 年7月

https://sailor.co.jp/wp-content/uploads/ir/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%B7%A5%E5%A0%B4%E8%B5%B7%E5%B7%A5%E5%BC%8F%EF%BC%88%E5%9C%B0%E9%8E%AE%E7%A5%AD%EF%BC%89%E6%8C%99%E8%A1%8C.pdf

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る