IDECの安全システム、建設・土木業界で採用 第1弾は大和ハウス工業の高所作業車用挟まれ防止システム

建設・土木業界でも自動化や機械化が進み、建設機械を筆頭に多くの産業機械が現場で活躍している。作業の効率化や負荷の低減、人手不足の解消などに成果を上げているが、一方で操作ミスなどによる事故も発生し、機械の安全対策が求められるようになっている。そんななか、工場内の設備で使われている安全機器が、工場を飛び出し、屋外で使う建設・土木業界用機械への採用が広がり始めている。


大和ハウス工業は、建設現場で使われる高所作業車について、IDECの3ポジションイネーブルスイッチとPLC、センサ等を使って構築した挟まれ防止用システムを採用した。


高所作業車は、作業者がフットスイッチを踏んでデッキを上昇させるが、作業に集中していたり、手すりから身を乗り出すような不安定な状態で操作すると、天井や躯体とカゴの間に人が挟まれて労災事故が発生することが度々あった。

それに対し同システムは、デッキの手すりに対象物との距離を判別するセンサを設置し、警告距離に達するとフットスイッチが無効となって上昇が停止。操作を再開するには、装置に設置されている3ポジションイネーブルスイッチを押しながらでないとフットスイッチは有効にならず、挟まれ事故の防止に役立つ。

今後IDECは、建設機械レンタル企業向けにアレンジした安全システムを販売するなど横展開を検討しており、2023年までに5000台の販売を目指すとしている。

https://jp.idec.com/

https://www.daiwahouse.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG