明電舎、産業用コントローラμPIBOC-Ⅰシリーズ最新モデル 形状・インターフェースそのままで処理性能アップ

明電舎は、産業用コントローラのμPIBOC-Ⅰシリーズの最新モデル『μPIBOC-ⅠMODEL1200』を発売した。

同シリーズは、24時間連続稼働が求められる信頼性の高いコントローラのシリーズとして2002年から発売され、半導体製造装置を中心に累計3万台以上が納入されている。

最新モデルは、従来モデルと形状・インターフェース互換を引き継ぎ、更新時のレイアウト変更は不要。SSDなど寿命がある部品を前面に配置し、装置に組み込んだ状態で交換可能などメンテナンス性を高めている。TypeM(ミラードライブモデル)はホットスワップに対応し、装置に組み込んだ状態で電源を落とさずにSSDの交換ができ、24時間365日稼働が可能となっている。

Xeon/Core i3プロセッサの第7世代Intelプロセッサ搭載し、演算速度が従来モデルに比べ、約200%に性能向上。標準搭載のRAS機能で、システムの長期安定稼働をサポート。従来の異常検出項目に加え、新たにSSD・CFastの余寿命監視機能を追加し、全11項目の異常検出をおこない、計画的なメンテナンスが実施できます。

供給期間は販売開始から2028年11月まで。

https://www.meidensha.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG