キヤノンMJ、ケーブルIDプリンター発売 高速印字・充電池駆動を実現

キヤノンマーケティングジャパンは、キヤノンファインテックニスカ製ケーブルIDプリンター「MK5000/MK3000」を11月中旬から発売する。

MK5000は、従来製品から印刷処理プロセスを見直し、印字速度は1分あたり55本と30%向上。付属のパソコンソフトウェア「MKデスクトップユーティリティー」をインストールすることで1台のパソコンから最大3台のプリンターによる分散印刷が可能となり、さらに効率的な印字を実現。

MK5000/MK3000はともに印字可能なチューブ内径も拡大し、PVCや熱収縮のチューブで最大Φ10まで対応。また充電池での駆動を実現し、単三形6本の充電池での駆動を実現し、電源の取れない場所での長時間作業が可能。低温下でのチューブ硬化を防ぐ「チューブウォーマー」も、本体給電になっており、AC電源なしで使うことができる。

両機種で年間5000台の出荷を目指す。

https://canon.jp/corporate/profile

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG