アズビル 30年の温室効果ガス排出量55%削減に改定

アズビルは、2030年のazbilグループの事業活動に伴う温室効果ガス(GHG)排出量の削減目標を、従来の30%削減(13年基準)から、55%削減(17年基準)に改定した。

この目標は、SBTイニシアチブによる1・5℃目標として再認定された。

azbilグループは、創業時から受け継がれた地球環境に貢献するという精神で、自社内の活動はもとより、計測・制御を基盤とした製品・サービス・ソリューションをお客さまへ提供することにで、社会や産業の発展を支えるとともに、環境負荷低減に貢献している。

https://www.azbil.com/jp/

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る