テクノホライゾン、アポロ精工を買収、海外展開を加速

テクノホライゾンは、アポロ精工(静岡県御殿場市)9月10日付で買収する。買収額は約19億円。

アポロ精工は1970年8月設立。自動はんだ装置及び関連機器の製造・販売、およびレーザー関連製品の製造・販売を行っており、とくに自動はんだ装置では顧客のニーズを深く把握して、製品のカスタマイズの他、 製造ラインへの導入を適切に行うことのできるコンサルティング能力に長けた技術営業要員を 有している。

また、アジア、ヨーロッパ、北米、南米と豊富な海外販路を有し、様々な業種と取り引きを行っている。

2021年2月期の売上高は11億3900万円、営業利益1億4300万円。

テクノホライゾンは、アポロ精工の海外拠点を活用して、顧客企業の海外工場展開への対応や新規顧客開拓を進め、グローバル展開を更に加速する。

https://www.technohorizon.co.jp/

https://www.apolloseiko.co.jp/

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る