安川電機、テクノロジーセンタを本格稼働 技術開発機能を1カ所に集約 技術と開発のスピードアップ

安川電機は、本社敷地内(北九州市八幡西区)にかねてから建設を進めていた「安川テクノロジーセンタ(YTC)が完成し、9月1日から本格稼働を開始した。

YTCは、顧客からの要求にスピーディーに対応できる開発体制の構築を目的に、基礎技術開発、生産技術開発、製品開発、製品・設 備設計、品質管理から量産試作までを一貫して行える開発拠点。

同社は、2017年に発表したソリューションコンセプト 「i-Mechatronics(アイキューブ メカトロニクス)」を通じ、ものづくりの現場のセル領域における自動化+デジタルデータマネジメントによるトータルソリューションを提案している。そこで ソリューション力をさらに高めていくために、これまで製品ごとにそれぞれの事業部で行っていた技術開発の機能を一カ所に集約。ITを活用した情報共有を基盤として技術力と開発のスピードを格段に向上させるとともに、外部との技術連携によってもオープンイノベーションを図っていくことが必要として開設した。

具体的には同社の3つのコア技術である「モーション制御」、「ロボット技術」、「パワー変換」に対して、技術的な相関のあるパートナー企業や大学、そしてベンチャー企業などとの共創を生む環境を設け、 競争力があり、高い市場性が見込める新たな技術開発に取り組む方針。

https://www.yaskawa.co.jp/

https://www.yaskawa.co.jp/technology/about-ytc

関連記事

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る