オムロン、モバイルロボットの運行管理・分析ソフト発売 導入シミュレーションや可視化で導入・運用を効率化

オムロンは、工場内の自動搬送を担い、需要が拡大しているモバイルロボットについて、モバイルロボットの短期導入や複数台の統合コントロール、走行データ活用などを効率化する運行管理・車両管理ソフトウェア「Flow core2.1」を発売した。

同ソフトは、フリートシミュレーション機能により、実際にロボットを配備することなくデジタル空間上で自律搬送ロボットのフリートのワークフローと走行量をシミュレーションし、潜在的なボトルネックを特定して短い導入期間で運行の最適化が可能。また、従来はタイプ別にシステムを構築しなければならなかったが、それを統合して管理でき、導入と運用を効率化。

さらに、「FLOW iQ」により走行実績からどこで停滞しているか、どこを走行しているか、位置の密度マップなどの情報を可視化・分析し、24時間365日情報を得ることができる。ボトルネックの特定や計画と実際の効果の差分を見える化して改善を実施しやすくなっている。
既存ソフトウェアを同ソフトにアップデートすることで導入済みの同社製ロボットでも利用可能になる。

https://www.omron.com/jp/ja/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG