立花エレテック、オンラインで産ロボ特別教育サービスを開始

立花エレテックは、産業用ロボットを使用するために必要な教習である「産業用ロボット特別教育(教示)」について、オンライン講座で学科を受講できる「オンライン産業用ロボット特別教育(教示)」を開始した。

講座はWEB形式で、実技は別途、実際のロボットを使って行われ、全過程を修了すると「産業用ロボット特別教育修了証」をもらえ、正式にロボットを動かすことができるようになる。

受講費用は、学科+実技+テキスト付で3万5000円。今なら開講特別キャンペーンとして、先着50人(1社2人)まで1万円で受講できる。

通常、産業用ロボット特別教育(教示)を受講する場合、特別教育を提供している場所に赴く必要があるが、今回は学科をオンラインで受けられるため、効率的に学ぶことができる。実技は、通常通り特設会場で実機を使って行われる。

日程は9月7日を皮切りに、月1回のペースで開催する予定。
実技講習は、関東会場は立花エレテック東京支社(東京都港区芝浦4-18-32)、中部会場は株式会社バイナス(愛知県稲沢市平和町下三宅菱池917番地2)、関西会場は立花エレテック本社(大阪市西区西本町1-13-25)で実施する。

https://www.tachibana.co.jp/

関連記事

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る