立花エレテック、オンラインで産ロボ特別教育サービスを開始

立花エレテックは、産業用ロボットを使用するために必要な教習である「産業用ロボット特別教育(教示)」について、オンライン講座で学科を受講できる「オンライン産業用ロボット特別教育(教示)」を開始した。

講座はWEB形式で、実技は別途、実際のロボットを使って行われ、全過程を修了すると「産業用ロボット特別教育修了証」をもらえ、正式にロボットを動かすことができるようになる。

受講費用は、学科+実技+テキスト付で3万5000円。今なら開講特別キャンペーンとして、先着50人(1社2人)まで1万円で受講できる。

通常、産業用ロボット特別教育(教示)を受講する場合、特別教育を提供している場所に赴く必要があるが、今回は学科をオンラインで受けられるため、効率的に学ぶことができる。実技は、通常通り特設会場で実機を使って行われる。

日程は9月7日を皮切りに、月1回のペースで開催する予定。
実技講習は、関東会場は立花エレテック東京支社(東京都港区芝浦4-18-32)、中部会場は株式会社バイナス(愛知県稲沢市平和町下三宅菱池917番地2)、関西会場は立花エレテック本社(大阪市西区西本町1-13-25)で実施する。

https://www.tachibana.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG