安川電機、農業の自動化でJA全農と協業加速 スマート化で農業新モデル構築

安川電機は、全国農業協同組合連合会(JA全農)と2018年 12 月から業務提携し、畜産・農業生産・流通販売の3分野を中心に自動化技術の可能性を探っているが、現在はテスト農場である「ゆめファーム全農SAGA 」 (佐賀県)で「きゅうりの葉かき作業」の自動化実証などを進めている。また21年度からは、今年3月開所した安川テクノロジーセンタ(北九州市八幡西区)で「いちごの選果作業」の自動化など、スマート農業の具体化を目指した取り組みも展開している。

JA全農は、日本の農作物の生産・流通・販売を担い、次の時代の農業の在り方についての知見と今後の目指すべき日本の農業の在り方を具体的に描いている。安川電機は2025年ビジョンの主な戦略として、工場の自動化/最適化、そしてメカトロニクスの応用領域への挑戦を掲げるなかで、100年にわたり培ってきた技術を食品生産・農業分野の自動化の促進に活用する活動を推進。

業務提携の基本理念である『工業用ロボット技術の国内農業現場への活用推進を行い、農業生産・加 工・流通現場における労働力不足の解消、現場労働の作業軽減と効率性の向上、ならびに消費市場への安全・安心な農畜産物の供給体制の強化に向けた新たな事業モデルを構築』を共有し、JA全農と協同で 農業分野の新たな自動化を探究し、具現化を進めていく。

https://www.yaskawa.co.jp/

https://www.zennoh.or.jp/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る