パナソニック、中国・広東省佛山に空気質機器の新工場

パナソニック エコシステムズは、中国広東省佛山市順徳に、換気や除菌など室内の空気質を改善する熱交換気システムや空気清浄機など空気質機器(IAQ機器)の新工場を稼働開始した。

敷地面積は1万3000㎡、延べ床面積は4万3304㎡で、投資額は約30億円。

中国では2カ所目となり、熱交換気システムを12万台生産し、23年度には20万台を目指す。

https://panasonic.co.jp/ls/pes/

関連記事

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る