シュナイダーとアドソル日進、製造業DXに向けてSIパートナー契約

アドソル日進とシュナイダーエレクトリックは、製造業界向けDX、IoT提案に向けたSIパートナー契約を締結した。

アドソル日進は、AIやクラウド、IoTなどの最新技術を用いたICTシステムをIT/OT両面からワンストップで提供し、製造業での実績も数多く有している。

一方のシュナイダーエレクトリックは、IoTプラットフォーム「EcoStruxure」を中心に、製造IoTエッジソリューションとしてプログラマブル表示器Pro-faceブランドの販売を国内外で30年以上続けてきた実績を持ち、IoTソリューション提案を進めてきた。

今回のSIパートナー契約により、PoCレベルのスモールスタート案件から、既存システムの改造、大型システム受注まで、あらゆる規模のシステムに最適なDX、IoT提案を行うことが可能となる。

今後、初年度で20件・5年後には100件のソリューション受注を目指す。

https://www.se.com/jp/ja/

https://www.adniss.jp/

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る