Check !!

シュナイダーエレクトリック、産業用ディスプレイFP6000シリーズ発売 高視認性と滑らかで直感的なタッチ操作

シュナイダーエレクトリックは、プログラマブル表示器ブランドである「Pro-face」の新製品として産業用ディスプレイ「FP6000シリーズ」を発売した。

同製品は、パソコンと組み合わせて制御盤に直接組込みができ、過酷な産業環境下においてもハイレベルな操作やデータ表示を実現。Windows10搭載の汎用パソコンやPro-faceの産業用コンピューター PS6000シリーズのパネル、ボックス両方のモデルと接続でき、本体と離れた位置でのディスプレイ操作表示や、画面のクローン/拡張で操作・作業効率の向上が可能。

22型ワイドから10型ワイドまでの全7サイズあり、静電容量タッチパネルを搭載しジェスチャー操作に対応したワイドモデルと、旧機種と互換性がある4:3モデル(アナログ抵抗膜)をラインナップしている。
ワイドモデルは、ノイズフィルター機能やタッチの検出精度を調整するタッチモードでノイズ影響を抑えることで、あらゆる状況下でスマートフォンやタブレットのような滑らかかつ直感的なジェスチャー操作を実現。素手による操作モード(ジェスチャー対応)、軍手やゴム手袋を着用した状態のタッチを検知できるモード、水滴による誤動作を防止しながらタッチ操作が可能なモードを備えている。

劣悪な環境下でも使用できるよう0〜55℃に対応し(19型ワイド・22型ワイドは0~50℃)し、各種安全規格、船舶規格に準拠。IP66F/67Fに対応し、衛生環境基準の順守が必要なシーンにも展開できる。
また、無償保証期間を従来品よりも長い24ヶ月に設定している他、日本国内設計、国内拠点でのサポート対応を提供。またグローバル企業ならではの海外出荷装置へのサポート体制も整っている。

https://www.se.com/jp/ja/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG