横河バイオフロンティア 高機能ナノセルロースの事業化開始 植物由来物質で環境負荷を軽減

横河電機の子会社、横河バイオフロンティア(東京都武蔵野市)は、100%植物由来の素材である硫酸エステル化セルロースナノファイバー「S-CNFTM」を提供する事業をスタートした。サンプル提供を開始しており、今後は商用生産にも着手。化学・素材産業を中心とするお客様向けに植物由来の多様性に優れた素材である S-CNFを販売していく。

セルロースナノファイバーは、植物の主成分であるセルロースを加工した繊維状のバイオマス素材で、木材などから抽出し繊維を細かくほぐして生産する。

素材として、生産・廃棄に関する環境負荷が小さい、軽量で強度が高い、熱変形が小さい、酸素などのガスに対するバリア性(気体の遮断性)が高いなどさまざまな一般的な特徴を有する。

また、一般的なセルロースナノファイバーの特徴に加え、ゲル状から乾燥させて粉末状にしても水分を与えることで物理的性質を再現ができるため、ゲル状に比べて体積と重量が100分の1程度になり、 粉末状にすれば輸送時や保管時のコスト抑制に大きく貢献することができる。

さらに、この性質によって水分との配合比率も自由に変えることができるため、用途に合わせて素材の性質を変化させる柔軟な対応が可能。

そのほか、繊維をほぐす生産工程で必要なエネルギーが、一般的なセルロースナノファイバーに比べて抑えられ、製造コストの面でも大きな貢献が期待できる。

https://www.yokogawa.com/jp-ybf/about/ybf-overview/

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る