安川電機 統合コントローラ発売 時系列的に同期制御

安川電機は、装置や産業用ロボットなどで構成された“セル”の様々なデータを高速かつリアル タイム、そして時系列に同期し、統合的に制御する「YRM-X(テン)コントローラを業界初めて開発し、6月9日から販売を開始した。価格はオープン。

様々なものづくりの現場では、IoTやAI を活用した生産効率や品質の向上、トレーサビリティーの確保など、スマート工場の進化に向けた取組みが加速しているが、その活動の基本となるのが、生産設備の稼働状況(データ)の把握である。設備の生産効率を向上させるためには、セルを構成する様々な機器などからバラバラにデータを集めるのではなく、統合的かつ時系列に収集し、精度の高いデータを基に分析して結果を生産設備にフィードバックする必要がある。

YRM-Xコントローラは、時系列に同期されたデータの収集・解析を一括して行えるソフトウェアツール「YASKAWA Cockpit(コックピット)」を連携させることで、高速かつリアルタイムに分析したデータのフィードバックを実現できる。

 同社は2017年に、これまでの自動化ソリューションにデジタルデータのマネージメントを加えた新たなソリューションコンセプト「i-Mechatronics(アイ キューブ メカトロニクス)」を提唱し、そのコンセプトの実現に向けた製品の開発を進めている。

https://www.yaskawa.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG