DXはやれば効果が出るもの

DXやデジタル技術の活用がにぎやかだが、すべての企業が取り組めているわけではなく、様子見や足踏みをしている企業も多い。そ理由は各社さまざまだが、早く取り組んだ方がメリットが享受でき、遅くなればなるほど損をすることになりかねない

労働政策研究・研修機構(JILPIT)がまとめた「ものづくり産業における DX(デジタルトランスフォーメーション)に対応した人材の確保・育成や働き方に関する調査」によると、3年前と今の労働生産性を比べて「生産性が向上した」と回答した企業は、デジタル技術活用企業が46%だったのに対し、デジタル技術未活用企業で35%にとどまり、12ポイントの差が出た。同様に売上高の変化について「売上高が増加した」と回答した企業は、デジタル技術活用企業が24%だったのに対し、デジタル技術未活用企業で21%と3ポイントの差が出た

なにはともあれ、DXやデジタル技術の活用をやった方が良いのは明らかで、結果がデータとして現れている。大規模なものでなくても、小さな一歩、ある工程や作業の見える化や作業手順書、作業標準を作るだけでも十分だ。スピードは何にも勝る。一歩踏み出せば2歩目の足は勝手に前へ出る。まずは始める。それからだ。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG