日東工業、VR研修ソフトを導入 技能承継やバーチャルショールーム等に活用

日東工業は、大同メタル工業の製造現場向けVR研修ソフト「どこでもかんたんVRクラウドソフト」を導入し、工場の品質管理部門の技能伝承や、営業におけるバーチャルショールームや展示会での活用を進める。

同ソフトは、座学や映像では習得が難しい現場作業に対し、VRを使って擬似体験をともなう形で実施することで作業内容の習熟度を高めていくもの。大同メタル工業とスペースリーの業務提携により2020年から製造業向けに販売されている。

日東工業では1年間、モニターとして現場で使ってみて、操作性や有用性を高く評価して導入を決めた。モニターテストでは、現場での所作や目線の動きなどの文章による説明が困難な手順の研修をVRで実施。VRコンテンツは指導者で作成した。結果として、研修受講者からは紙の資料よりも理解のしやすいとの回答が94%に達し、指導者側も88%から指導しやすいとの回答を得た。1つの動画で教育することで作業の統一化ができ、作業がなくてもOJT教育ができると好評だった。

具体的な導入部署は2部門。同社菊川工場の品質管理室では、製造分野における作業手順、ノウハウ伝承をより分かりやすく伝える手段として主に教育を目的に利用する。もうひとつは営業部門でバーチャルショールーム・展示会に利用する。

https://www.nito.co.jp/

https://www.daidometal.com/jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG