シュマルツ、協働ロボット向け真空発生器 高吸込量で対応ワーク増加

RECB

シュマルツは、協働ロボット向け真空発生器として、高吸込量の協働ロボット用コンパクトエジェクタ「RECB」を発売開始した。

同製品は、ロボットのアーム先端に取り付けられる小型の真空エジェクタで、最大吸込量は59l/minと大きく、これまでは搬送の難しかった通気性の高いワークやたわみやすいワークも把持することが可能。ハンドに近い位置に取り付けることができるため、素早く真空到達してサイクルタイムも短縮する。エアセービング機能を搭載し、必要以上のエア消費を抑制し、運用コストを削減することも可能となっている。

主要ロボットメーカー向けの専用ロボットフランジや電気接続ケーブルをラインアップし、電気的・機械的接続も簡単。専用の取付治具などの用意が必要なく、作業工数も最小限に抑えられる。ロボットの型式に合わせたフランジや電気接続ケーブル、真空パッドをワンセットにしたロボセットもラインアップし選定の手間も低減する。

全体の高さが低く設計されているため、小可搬ロボットなどアームの短いロボットとの組み合わせにも最適。底面にはモジュール式エンドエフェクタや真空パッドを接続できるフランジを取り付けることができ、様々なワークに柔軟に対応し、ハンドそのものの設計工数・コストも削減できる。

http://www.schmalz.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG